育児

幼稚園選び

ゆいとが生まれるずーっとずーっと前から
それこそシュタイナー教育を学び始めてから何年間も
子供を通わせる幼稚園、学校については悩んできました。

一昨年から状況が一気に変わって実家での同居生活に
なったため、場所もここから通える範囲、とさらに選択肢が
狭まってしまったわけです。

その中で行かせたいかも、と思ったところは立川方面で
通園、通学には遠く、一番近いのはお隣りの市の子ども園。
しかし日本の場合、シュタイナー園はほとんどがNPO法人で
場所は住宅街の一軒家を使っているところが多いのです。
バス通園も出来ないし、次の子を妊娠したら(するつもり)、
あまり遠くだと急病でお迎えとかにも時間がかかってしまうし
仕事もしているしで最悪の事態を想定しつつ
プランを立てなくてはなりません。

どうしたもんかな~と悩んでいたところ、想定外のことが起きました。
今年に入ってから夫がオンラインの大学に行くと決めて
ゆいとのために貯蓄してきた学費を夫の分にまわさなくては
ならなくなりました。もちろん向こう6年間は夫の学費にほとんど
消えていきます。

なのでNPO法人のシュタイナー園という選択肢はなくなりました。

夫はもともとアメリカの大学に行くつもりでいたところ、私と結婚する
ために就職してそのまま仕事を続けていたので、大学に行く事は
私も賛成なのです。ずいぶん時間がかかったけど、今年から夫は
大学生にもなるわけで院まで行くと決めたのでよかったなと思います。
一番学びたいものを学びたい形で受けられるのも今だったからこそ
だと思いますし。
ま、今後生活は厳しくなりますがね・・・・。頑張らないと・・・。

結婚当初は義両親も大学行くなら学費出すと言ってくれてたんですが、
夫は家族を養うために仕事をすると断ったのと、現在、義弟たちが
大学院に行ったりアメリカ留学したりで義両親も予定外にお金が
かかっており、今回の夫の大学費用は自分たちで準備することにしました。
通信と違ってすごく高いですけどね・・・。

そんなわけで一度たてていたプランを白紙にしてシュタイナーの
ことはあきらめて市の幼稚園をひとつずつリサーチする
ことにしました。

そしたら!!驚いたことにすぐに私の希望にぴったりあう
理想的な幼稚園を発見!!!

まだ見学に行ってないのでなんともいえませんが、ネット上で
リサーチした限りでは満足度が高いです。
園長先生が所属しているクッキングスクールの記事にも
載っていました。園で月に1,2回オーガニックマルシェ というのを
やっているようなのです。
こちらのブログに行きあたってここの料理のレシピもいくつか
作るようになりました。

情報が少ないのですが、幼稚園についての情報を提供してくださってる
ブログ をひとつ見つけました。

また娘さんをこの幼稚園に通わせている方が保護者向けに
トランスパレント講習会 をされていたり、園庭の遊具は木製で
私の大好きなボーネルンド のものだったり。
園舎の設計も子供のことをよく考えたものになっています。
バス通園も出来るみたいだし、まあ裸、裸足保育はまだ
いいんだかどうなんだか未知の世界でわかりませんが、
完全シュタイナーとはいかずとも要素があるというだけでも
ありがたいです。
しかもうちから車で15分程度の場所で約4.5キロ。

普通の幼稚園に行かせることになったおかげで逆に
良いところを見つける事が出来ました。
実はこの調子でいい小・中学校も市内で見つけることが
できました。
少なくとも長年連れ添った幼稚園選びの悩みからは解放
されました~~!!!ああ、スッキリ。

今年は園や学校のイベントにも参加してみたいと思います。

問題は資金のやりくりをどうするかですね・・・。
今からコツコツ、大学費用とゆいとの学費を貯めつつ
次の子たちの分も蓄えて行かねば~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シュタイナー教育と私。

長らく子供のいなかった私たちですが、
夫からは結婚した当初から常に育児について
勉強して備えておくように、と言われてきました。
けっこう勉強したとは思ってたんですが、子育て
始まってみると、まだまだ足りなかった、、、と自分の
甘さを痛感しているところです。

とにかく、私は高校生の時だったかもううろ覚えですが
シュタイナー教育の紹介をテレビでしていたような気が
するんです。なんのメディアを通して知ったのかはっきりと
記憶してはいないんですが、こういう学校でこんな風に
学びたかった、という思いが強かったです。
それもあって、シュタイナー教育の本をいろいろ読み、
また3年前には割と近くにシュタイナー園を経営している
ところがあって、年間セミナーも受講しました。

でもそれからなかなか妊娠せず、子育てについて学ぶのが
ちょっと辛くなり気持ちが薄れていました。
ですが、7月に初心者向けの講座があったので、気持ちも
あらたに義妹も誘って受けてきました。
だいたい3年前に聞いた話と同じでしたが、復習にもなったし
これからの子育てにも役立つ学びがいろいろありました。
今月も二つセミナーを受けてくる予定です。

シュタイナー教育は誤解も多い部分があるけれど、福音に
とても近いものがあると思うし、芸術を愛する私としては
非常に受け入れやすい教えです。
まだ知らない事もたくさんあるけれど、学んでいきたい教育法です。

これから少しずつ紹介していけたら、と思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

絵本の力

ゆいとは生後2カ月目から絵本が大好きになりました。
リアクションがいいので読んであげるのが私も楽しいです。

現在4カ月半ですが日々反応も進歩してるのでますます楽しくなってきました。

一緒に読む時、私はたいていゆいとの左側にねっころがってます。

彼はいつも自分の左手を絵本をかざしてる私の右腕にからめて
右手は絵本の右側の端っこをつかんでいます。
ページをめくるとちゃんと持ちなおすという几帳面な王子です。(笑)

絵本は知的に育てたいからということではなく、「目に見えない
世界」を二人で一緒に共有したいから
毎日読んでいます。

そして目は絵本に釘付けだけど、ゆいとのつかんでる手のぬくもりが
一緒の時間に同じものを共有しているという一体感を与えてくれます。
それは向かい合わせで遊ぶのとも抱っこしてお互い感じるぬくもりとも異なる
一体感です。

きっとゆいとも同じ気持ちを感じてるんじゃないかなって思います。

おもしろいなって思うのが、テレビを観てる子供って身動きしないけど
絵本読んでる時、ゆいとはすごく動いてます。
全身で絵本の世界を受け止めてる感じがします。
まあ、この子にはテレビをみせたことがないんで比較のしようが
ないんですが・・・。

最近はハイハイの練習をしていますが、もう絵本のある場所を知っていて
どこからスタートしても必ずそこにむかっていきます。
この執念っぷりをどうぞご覧ください。

P1050566
一番左にゆいとの好きな松谷みよ子さんのシリーズ絵本が
あります。まずは藤かごの感触を楽しんで。

P1050568
目線はすでに絵本へ。「発見」というよりは「もう知っている」。

P1050569
にじりよっていきます。「よいしょ、よいしょ。」

P1050572
一番好きなのは黄色い表紙の「のせて のせて」
わかりやすい子です。。。(笑)

P1050581
手を頑張って本棚にのせました!


P1050584

手にご注目!なんとかつかもうとトライしてます。
が、難しいので協力を求めようと私をチラ見。


P1050585
ここまでが限界~!絵本重くて動かせないもん~~!
こんだけ頑張ったんだからあとは取ってよ~~!!と
泣いて訴えております。よだれまで垂らして・・・・。

もちろんすぐに抱っこして絵本をとってあげました。
そしたらあっという間ににっこり笑ってご機嫌。
目的を達成できたので、満足しておりました。

ハイハイを頑張っていることよりも、ゆいとに
「意志」が芽生えていることがうれしい。
好きなものに向かっていく力って大切だと思うんです。

夫婦そろって読書好きなので子供もそうなってくれたら、
とは思いますが、絵本には大きな力があるんだなって
実感してます。

松谷さんの本はプレゼントで頂いたものだけど、
やはりベストセラーなだけのことはありますね~。

あとはいつも図書館で借りたものをプラスして読んでます。
だいたい合計8冊くらいでしょうか。
20分くらい使いますが、ゆいとは喜んでみています。

絵本に関してはいろいろ書きたいことがあるのですが、
今回はここまで~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初花火

夫が突然、線香花火を一緒にしようって言い出した。

今年になるまで夫婦だけの生活だったんで、花火なんぞ
まったくやったことがなかった。

夫に言われた直後に小さい頃の思い出がパア~っと記憶の中で花開いた。
駄菓子屋さんで好きな花火をいろいろチョイスして買って
いとこや兄たちと一緒に遊んだ事とか。
夫と花火の名前を思い出しながら話に花が咲いた。
夫が好きだったのはとんぼ花火らしい。

最初なんのことかわからなかったけど、説明してもらって

あ~、あれってとんぼ花火っていうんだったっけ、と思いだしたり。

私はひもを枝とかにぶら下げて着火すると円盤がぐるぐるまわるやつが
好きでした。名前はわからないけど。

最後に提灯がでてくるでしょ?って夫に言われて

あ!そうだね、出てきてた!!

と、唐突に思い出したり。

あと蛇花火

にょきにょきと出てくるのを観察するのが好きだった

とか。

最初は普通の花火で中盤でドラゴン、後半にパラシュート花火とか。
走っておいかけてパラシュートをゲットしたり。
そして最後に線香花火で全員円になって対決っていうのがお決まり
コースだったな~。

などなど普段考えないことを思い出していくのって楽しい。

昔は花火もバラ売りしてたけど、今はそういうのないですよね。
ちょっと残念。なので今回は花火セット買いました。

線香花火も茶色い藁みたいなのに火薬がむきだしで付いてたやつの
ほうが長く持っていたし、火薬の付き方が均等じゃないから
対決もおもしろかったな。

こういう小さな思い出ってすごく大切なんだなってあらためて思う。

それは全部親や親せきなどまわりの大人が提供してくれたこと。

大人になってそのことに気づくたびにそういう環境や場を提供してくれた
両親や皆さんに感謝の気持ちがわいてきます。

だからゆいとにもたくさん思い出を作ってあげたいです。

ゆいとはただいま生後4ヶ月目。
夜7時台にはお風呂に入って8時までに就寝します。
なので花火大会にはまだ行けません。

私たちのスケジュールの都合でお祭りにも行けなかったので
それもあって夫が家で花火しようと言いだしたのです。

7時あたりに帰ってこれるよう、会社終ってから全力疾走で
駅まで走ったらしいです。

ありがとう、パパheart04

P1050536_2
初めて手にする花火。みつめて寄り目になってます・・・・。(笑)


ゆいとはこれなんだろう??って顔してじーっと眺めてました。

P1050541
抱っこしたまま撮ったんで肝心の花火が入ってない・・・。
ゆいと、なんかソラマメみたいだなあ。


でも実は最初、蚊よけ用の菊花線香にチャッカマンで火をつけるときに
出てきた火に一番びっくりしてました。(笑)

何年ぶりの花火かわからないけど、親子3人でやった花火は
とっても楽しかったです。
来年はいとこたちとも一緒にやろうね、ゆいと!

そしてパパはかなぐりすててきた仕事の続きを

ゆいとが寝てからせっせと夜中までやってました。

お疲れさまでした~~~!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

住まい・インテリア | 心と体 | 育児 | 音楽