« Give Give Give Give and Give | トップページ | 粘土造形1 「円への変型」 ~シュタイナーオンラインワークショップより~ »

あるバイオリニストの試み 

先日の日曜日は我が家に宣教師を招いての食事会でした。
毎回素晴らしいメッセージをわかちあってくださるのですが、
今回はとても心の奥深くに訴えかけるものがありました。

非常に考えさせられる話でしたのでシェアしたいと思います。

「1人の男がワシントンD.C.の地下鉄の駅のロビーに立ち、
バイオリンを弾き始めました。それは寒い1月の朝のことでした。
約45分の間、バッハを6曲披露しました。ラッシュアワーだったので、何千人もの人々が彼の前を通ったことでしょう。しかし、ほんのわずかな人たちが足を遅め、何人かの子供たちは聴くために立ち止まりましたが、両親に急かすように引っ張られて行きました。
その音楽家が演奏した45分の間、実際に立ち止まり、しばらく聴いていたのはたった6人でした。27人の人はお金を寄付しましたが、足早に去って行きました。
音楽家の男は32ドル集めました。彼が演奏を終えると静けさが広がりました。
それに気づく人も、拍手を送る人も、評価する人も誰1人いませんでした。

このバイオリニストが世界でも最高レベルのクラシック音楽家であるジョシュア・ベルと誰が気づいていたでしょうか。彼は今まで書かれた最も困難な曲をいくつか披露し、350万ドルの価値があるバイオリン演奏をしていたのです。
この地下鉄での演奏の2日前に、ジョシュア・ベルは1席平均100ドルするボストンのシンフォニーホールのチケットを完売していました。

ワシントンポストは人々の優先順位に関する社会的な実験の一部として、ジョシュア・ベルに地下鉄でバイオリンを弾いてもらえるよう頼んでいたのです。
この実験の要点として次のようなことが挙げられていました。
ごく日常の中の都合の悪い時間であっても、美しさはそれらに勝るものなのか?
その美しさに感謝するために私たちは立ち止まるだろうか?
思いもよらない時間や状況の中で、私たちは才能や祝福に気づくだろうか?

この実験で得た一つの結論です。もし私たちが立ち止まり、最高の曲を演奏する世界でも最高の音楽家に耳を傾ける一時の時間も持たないのなら、私たちは毎日どれだけのことを見逃しているのでしょうか?」

ジョシュア・ベル・・・!!その名を聞いた時、衝撃を受けました。
彼はグラミー賞も受賞したことのある、知名度も高い容姿端麗なイケメンバイオリニストです。

独身の頃、よく聴いたアルバム

 

      
愛の喜び~クライスラー名曲集

アーティスト:ベル(ジョシュア)

愛の喜び~クライスラー名曲集

そんな人がそんな実験に快諾したことも驚きでしたが、そんな素晴らしい
演奏を聴いても誰も気がつかない(しかもすごくハンサムなのに)という
ことに衝撃を受けました。

この実験の目的は上記にある通りですが、私はこのジョシュアベルが
まるでイエスキリストを象徴しているように思えました。

主がこのように現れた時、私はすぐに彼がキリストだ、と気がつくだろうか?

それ以上に日々の生活の中で主の御言葉に耳を傾け、感謝しているだろうか?

この話はとても自分の中でインパクトがありました。
いつも忘れないでいたいと思います。

|

« Give Give Give Give and Give | トップページ | 粘土造形1 「円への変型」 ~シュタイナーオンラインワークショップより~ »

コメント

kayoさんの紹介記事でやってまいりました。(シュタイナーつながりです。私は日本ですが)もしよろしければこちらのエントリーを私も皆にご紹介できればな、と思っています。よろしいでしょうか?

投稿: このはな | 2011年2月 8日 (火) 18時03分

このはなさんへ
紹介記事??ありましたっけ??
よくわかりませんが、よいお話なのでどうぞたくさんの方と
わかちあってください〜。happy01

投稿: Kayo | 2011年2月 8日 (火) 19時25分

よいお話をどうもありがとう。
この話の動画、見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=hnOPu0_YWhw

投稿: kayo | 2011年2月10日 (木) 04時44分

ありがとうございます。
chamokayoさんの動画と一緒に紹介させてくださいね

投稿: このはな | 2011年2月10日 (木) 11時45分

kayoさんへ
ごっちゃになるので私はkayokoにします(笑)
動画があったのですね!!
ありがとうございます!!!ヽ(´▽`)/

投稿: kayoko | 2011年2月10日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393619/38789125

この記事へのトラックバック一覧です: あるバイオリニストの試み :

« Give Give Give Give and Give | トップページ | 粘土造形1 「円への変型」 ~シュタイナーオンラインワークショップより~ »