« 正しく生きる~人として大切なことは何か~ | トップページ | あるバイオリニストの試み  »

Give Give Give Give and Give

年始に宣教師たちが家に来た時、メッセージカードを
置いていった。
そこにはM・ラッセル・バラード長老の言葉が書かれてあった。

「はっきりと分かる事は、この世において目標を設定することなく、
目標を達成するための知恵を得る方法を学ばないとしたら、
やがて年老いて半生を振り返るときに、自分の持つ可能性を
ごく一部しか使わなかったことに気づくということです。
目標設定の原則を学んでいるならば、この世で成し遂げる事柄に
大きな違いを生じさせることができます。」

非常に強く胸に迫るものがありました。

私は独身の期間も長かったし、子供が出来るまでの時間も長かった。
結婚した時は、なぜ独身の時にこれこれをよく学んでおかなかったのかと
後悔し、子育てが始まると、子供がいない時にたくさん時間はあったのに
どうしてこれを全部済ませておかなかったのか?という後悔が波のように
押し寄せることがある。
このまま進めばバラード長老の言葉どおり、半生を振り返る時には
後悔の渦に飲まれてこの世を去った後はさらに悲しみのほうが
大きくなるに違いない。

が、反省してばかりじゃ悔い改めにならないので、悔いを感じたら
改善することにフォーカスするってことで、今年は目標を書きだします。

1年間の目標は

「Giveの5乗」

Give and Take ではなくてGive Give Give Give and Give
ひたすら与える人になる。
昔、勝間さんの本を読んだ時に知った言葉だけど、今の自分に最も
必要と感じるテーマ。みいこの今年の目標である「サービスヒーロー」って言葉は
まさにビンゴな単語なんだけど、同じ言葉を使うのもあれなんで、私は「Giveの5乗」で行きたいと思います。

なんといっても、私の根本にある気持ちは

「奉仕の人になりたい」

ということなんです。

それは義両親や家族、ワードの会員の方々、友人の模範を通して私ももっとそうなりたいと思うようになったからなのです。

<情報のGive>
私は基本的に主婦なので情報の窓口が狭い。でも夫からは
一番良質の情報をもらっていると思う。また自分も検索が得意なので
自分が受けた情報を澱ませないようにブログや言葉でアウトプットして
清らかなものにしていきたい。Giveの5乗にちなんで5つの分野に
分けてみました。

1 良書や絵本、子供の教育についてのGive
自分で探すのも得意だけど、夫は私とは違う側面から良書を提供して
くれる。そういったものを生活に取り入れ、人格を高めていきたい。
また記録として残し、人々とも共有していきたい。

2 料理のGive
敏感体質の私とゆいとは自然食でないと体に反応が出てしまう。
今までのレパートリーでは食生活が成り立たないので根本的にレシピを
改善しながらの毎日である。
でも私みたいな人は他にもいるだろうからいいレシピがあれば情報提供
していく。またそのような料理は奉仕として体調不良の方々に差し入れる
ものとしてもお子様がいる家庭でも最適だと思う。

3 音楽のGive
一番得意分野だと思いつつ、自分の好みに偏るかもしれないけど、
子供にとって、また自分たちの霊性を高めるような音楽についての
情報提供をしていきたい。

4 裁縫技術のGive
これは私のちょっと苦手な分野・・・・。なのでまずは技術習得が先決。
マスターしたことを紹介しながらいつか人の役立つ日がくると信じて
技術を蓄えていきたい。神様から種をもらうところからスタートかも・・・。
でも持っているものばかりでなく育てるってことも大切ですから!!

5 証のGive
やはりですね、クリスチャンとして自分が得た証、また人から受けた証を
シェアすることは大切ですよね。
ちゃんと言葉に残していこうと思います。

これは私の一年間の大きなアウトライン。細々した短期目標はまた
別に書こうと思います。

|

« 正しく生きる~人として大切なことは何か~ | トップページ | あるバイオリニストの試み  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393619/38707001

この記事へのトラックバック一覧です: Give Give Give Give and Give:

« 正しく生きる~人として大切なことは何か~ | トップページ | あるバイオリニストの試み  »